CFD「NYダウ」をGMOクリック証券の自動売買戦略で攻略!

CFD全般
この記事は約10分で読めます。
スポンサーリンク
GMOクリック証券のCFD(NYダウ)で儲けたい!

という方におすすめの記事です。

この記事を読むと以下の点が確認できます。

相場観が無くてもリスクを取るコツがつかめます!

CFD「NYダウ」をGMOクリック証券の自動売買戦略で攻略!


CFDで安定的に利益を確保したい・・・

NYダウで利益を積み重ねていく方法はないだろうか・・・

相場を予想するのはムズカシイので簡単な方法がいいな・・・

という方向けに、CFDの実践編として投資戦略・リスクの取り方をまとめています。

最初に今回の記事のポイントをまとめておきます。

・投資をすることは「リスクを取る」ことである。
・リスクをどの程度取るのかは「コントロール」できる。
・自動売買は、初心者でも「再現性のある」運用ができる。
・アイデア次第で戦略の幅を広げることができる。
それでは順番に確認していきましょう!

リスクの許容について

運用を実践する際に、最も重要なのは・・・儲けること。ではなく・・・

相場から退場しないこと。だと考えています。

それは、リスクをコントロールして生き残る。ということになります。

投資をする=リスクが発生する。ことになります。

リスクの無い金融商品は存在しません。

そのため、最悪の状況でも致命傷にならないように計画を立てての運用が求められます。

これが、よく言われる「投資戦略」ということにつながってきます。

投資戦略とは、最悪の状況を想定することであり、どの程度の値動きを想定するかにかかってきます。

つまり、「どこまでリスクを許容するのかを決める。」のが投資戦略なのです。

相場で生き残っていれさえすれば、結果はおのずとついてきます。

目先の利益を狙いに行って致命傷を負わないよう十分な注意が必要です。

自動売買のメリット

では、どのように利益を確保していけばよいのでしょうか。

初心者が相場を予測して継続的に利益をあげ続けるのは至難の業です。

しかし、「自動売買」を利用したとしたらどうでしょう。

投資経験のハンデキャップを埋めて安定的に稼げる確率はグッとアップできるでしょう。

唯一力を入れるのは前述の通り、いわゆる「投資戦略」です。

事前にどのようなルールで運用をするのか適切に決められればOKなのです。

自動売買と言っても、勝手に売買を繰り返してくれるわけではありません。

今回想定しているGMOクリック証券ではシステムとしての自動売買はありません。

ここで言う自動売買は・・・「感情を排除してルールに沿って運用する」ことです。

GMOの場合は、毎回手動でイフダン注文を出して運用していきます。
※注文は最大で2週間です。期限が切れたら注文を出し直します。

開始前にルールを決めておけば、相場の動きに惑わされずに運用できることになります。

つまり、初心者でもできますし、再現性もあります。

相場も予想しなくて済みますので精神的なストレスもかなり抑えられます。

NYダウの投資戦略

前置きが長くなってしまいましたが、ここから実際に戦略を練ってみましょう。

まずは、過去のチャートを確認してみます。
出所:Trading View   ※このチャートは2020年7月6日のものです。

上記はNYダウの長期(2006年頃~)のチャートです。

ポイントになりそうな点を確認しておきます。※金額は端数処理した概算。
①2009年3月⇒6,500ドル(リーマンショック)
②2020年2月⇒29,600ドル(直近最高値)
③2020年3月⇒18,200ドル(コロナショック)

記事執筆時は、コロナショック第1波の後に反発して27,000ドルぐらいまできました。

この後、さらに上を目指すか、下落第2波に向かうのか。ですね。

自動売買での運用ですから、どちらに動いても利益が積みあがるように準備をしたいです。

無限の金融緩和(byFRB)の影響で、最高値を更新するかもですし、感染第二波の深刻な影響で株式市場からお金が「債券」や「金(ゴールド)」に逃げる可能性も考えられます。

下落の余地としては、一旦23,000ドル前後がサポートされやすいと考えています。
※コロナショック下落後の反発局面でのレンジ下限付近。

もし破ってさらに下落しても、③の18,000ドル前後でもサポートがあります。

ただ、③のサポートラインを突き抜けてしまうと、恐ろしいほどの下落を覚悟する必要があるかもしれません。

日経225とNYダウを比べると、明らかにNYダウの方が力強いですね。

特に、リーマンショック後からの上昇はすごいです。

同時期にFRBの金融緩和の額が増え続けており、コロナショック時に爆発的に緩和を進めています。

むしろ、緩和をし続けないと世界経済がもたないので、そうするしかありません。

緩和しないと、多くの企業が倒産・住宅ローン破産・失業率上昇など、アメリカだけでなく世界経済が破綻してしまうからです。

リスク管理について

ここからは、具体的にポジションを持って、値動きをした際にどの程度のリスクが発生するのかを確認していきます。

ここで、ご自身の自己資金と照らし合わせながら、「リスクの許容」をどの程度までするのかイメージしていきましょう。

GMOクリック証券の場合、NYダウは「米国30」という名称の銘柄です。
レバレッジは10倍。取引最低単位は価格の0.1倍。
※証拠金については、別記事にて詳しく解説しています。
CFDの仕組みとは?土台固めをしておきたい!

1単位(最低単位)の必要証拠金は、「ドル/円」の為替レートを元に計算します。
※取引単位の詳細は以下の別記事をご参照下さい。
CFD株価指数「NYダウ」の特徴や注意点とは?

今回は計算しやすいように「20,000ドル」を起点にしておきます。

ルールは仮に「自己資金100万円、20,000ドルから100ドル値幅で買い下がる(※ドル/円は105円と仮定)」で計算してみましょう。

リスク管理の実例

以下のように買い下がったと仮定します。
※ドル/円を105円と仮定。

20,000ドル買い:証拠金21,000円
19,900ドル買い:証拠金20,895円
19,800ドル買い:証拠金20,790円
19,700ドル買い:証拠金20,685円
19,600ドル買い:証拠金20,580円
19,500ドル買い:証拠金20,475円
19,400ドル買い:証拠金20,370円
19,300ドル買い:証拠金20,265円
19,200ドル買い:証拠金20,160円
19,100ドル買い:証拠金20,055円
ここまで10本のポジションを持ちました。
※為替(コンバーションレート)が入るため、日経225に比べると計算が面倒ですね。

証拠金は、合計で205,275円です。
すべて足し算しても構いませんが、数が多くなると大変です。
そのため、一番高い金額+一番安い金額を2で割って、ポジション数を掛けます。
⇒(2,000+1,910)÷2×105(為替)÷10(レバレッジ)×10(ポジション数)=205,275
最初の2,000+1,910÷2で、今回の平均値を出したことになります。
ココの数字は「ドル」であることにご注意下さい。(取引単位は0.1倍)
その後、平均値を10本で掛けた。ということになります。
※含み損の計算でも利用できます。
状況によっては誤差がでるかもしれません。
しかし、簡易的にリスク管理をするには便利です。
しっかり計算したい方は、エクセルなどを利用して一覧を作ってみて下さい。

続いて、含み損の計算です。

GMOですと、最低単位でNYダウが100ドル動くと、1,050円の損益が発生します。
※「ドル/円」を105円と仮定。

これを、先ほどの証拠金と同様に当てはめて計算してみましょう。
一番高い金額+一番安い金額を2で割って、ポジション数を掛けます。
⇒(90+0)÷2×105(為替)×10(ポジション数)=47,250円
90は、2,000ドルから1,910ドルまでの下落分90ドルです。
0は、ポジションを持って値が動いていないのでゼロです。
※ココの数字は、取引単位の0.1倍を反映して20,000ドル⇒2,000ドルで計算します。
つまり、保有している10ポジションは平均して450ドル下落している。ということになります。

ここまでの証拠金と含み損を足してみましょう。
205,275円+47,250円=252,525円

そして、自己資金100万円の想定なので・・・
1,000,000円-252,525円=747,475円 となります。
つまり、上記の通り動くと、余力が747,475円になるということです。

ここまでの運用であれば、100万円あれば余裕がありそうですね。

しかし、実際の相場は1,000ドルほどの値動きで収まる可能性は低いですよね。

そこで問われてくるのが「リスクの許容」です。

どこまでの値動きを想定して運用するのか、検討してみましょう。

キーワードは、「値幅」と「ポジション数」です。

GMOでは独自ルールとして、ポジションごとにロスカット値が定められる「セーフティバルブシステム」があります。
値動きが大きくなると、初回の証拠金に加えて「任意証拠金」が必要になります。

投資戦略のアイデア

ここまでは、基本的なリスク管理の方法について触れました。

実際に色々な数字を想定して、電卓を叩くなどして感覚をつかんでいただければ幸いです。

ここまでの基本を押さえていただいたことを前提に、投資戦略の応用についてお伝えしたおこうと思います。

目指したいのは、限られた自己資金を最大限無駄なく活用して、効率よく利益を積み上げていくことです。

言うのは簡単ですが、実際にするのはなかなか難しいと思います。

しかし、柔軟な考え方によっては、有益な作戦が思いつくかもしれません。

今回は投資戦略の参考に、自動売買のバリエーションをご紹介します。

ハーフ・ハーフ

生ビールと、黒ビールのアレでしょ!

と思った方・・・正解!と言いたいところですが・・・

今回のハーフの意味は「ロング(買い)」と「ショート(売り)」を分けて設定することを意味しています。
※実は、この手法は元祖自動売買でお馴染みの「マネースクエア」のHPにて公開されています。

具体的には、値動きの大きいNYダウを買いだけで運用するのは心配だ・・・
という場合に、買いと売りを両立させて設定してみます。

20,000ドル以上は売りポジションを立てて「売り上がっていく」。
20,000ドル以下は買いポジションを立てて「買い下がっていく」。

という感じで、過去の長期のチャートから概ね中央値を選んで設定します。

この作戦のメリットは、より少ない証拠金で広範囲をカバーできることにあります。

コアレンジ法

今度は、先ほどのハーフ・ハーフを発展させた手法です。

18,000ドル以上は売りポジションを立てて「売り上がっていく」。
20,000ドル以下は買いポジションを立てて「買い下がっていく」。

つまり、18,000ドル~20,000ドルのレンジは売りと買いのポジションが両方ともあります。
そのため、より多くのリピートが期待できる作戦となります。
名前の由来は、売り注文と買い注文の両者が重なっているレンジがよく稼いでくれる。
まるで「コアレンジ」だ!という発想です。

但し、ハーフ・ハーフに比べると多めにポジションを抱える可能性があるので注意が必要です。

まとめ

駆け足でしたが、投資戦略(リスク管理の方法)について確認してきました。

最初は一歩踏み出しにくいと思いますが、「まずやってみる」ことが重要です。

やってみないと、単なる想像の域から脱することができません。

失敗も数多くするかもしれませんが、致命傷にならないよう設定を検討しましょう。

一番のポイントは「リスクを許容する」ためのコツをつかむこと。

アイデア次第で銘柄に合った手法を生み出せる可能性があります。

日々自己研鑽して、より安定的な収益を確保していきましょう。

何度もチャレンジするうちに、きっと自分なりの「勝ちパターン」に出会えるでしょう。

【NEXT】⇒ CFD「NYダウ」をひまわり証券のループ・イフダンで攻略!

【まとめ】CFDで失敗しないための投資戦略~銘柄別に攻略しよう~へ戻る

【決定版】CFDの始め方~基本から運用のコツまで完全攻略~へ戻る

「ごくらくブログ」トップページへ戻る

多くのユーザーから支持されて、店頭CFDのシェアNo1!
GMOクリック証券について詳しくはコチラへ

スポンサーリンク
CFD全般
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ごくらくブログ