【42週目】CFDのトレード実績(視野を広げて大豆を買う!)

資産運用
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
・投資といっても具体的にどうすればいいの?
・CFDって本当にもうかるの?
・相場の流れに乗るコツってあるの?!

という方におすすめです。

この記事では、CFDの運用実績を公開しています。

開始したのは2020年3月2日からです。

この記事を読むと以下のメリットがあります。

・結果を見て、トレードの参考にできます。
・CFDで年利何%狙えるのかイメージできます。
・トレンドに逆らわないトレードの参考になります。

それでは早速確認していきましょう。

このトレードは、GMOクリック証券の口座で運用しています。

【42週目】CFDのトレード実績

今回は開始から42週目(20/12/14~12/18)の結果をお伝えしていきます。

今週のトレード履歴

今週はトレードしたの?

では今週、12月14日~12月18日のトレード結果をチェックしていきましょう。

トレード回数:5回
※先週までのトレード回数:7回
※これまでのトレード合計:12回
※これまでのトレード成績:9勝3敗
—————————-
※先週までの損益累計:-335,061円
※今週トレードの損益:-341,628円

※これまでの損益累計:-676,689円

以下は、今週のトレード履歴です。「はっちゅう君CFD」より。

今週のトレードは5回でした。

週はじめは何度か利益確定できました・・・が!

その後、大きな損切りをしてしまいました。。。

・安易に下落トレンドが継続中との認識で大きなポジションを取ってしまった。

・金にこだわりすぎていた。

今後は金にこだわらずに視野を広げて有利な状況でトレードできるよう工夫していきます。

間違っても、自分で納得できる分析をせずにポジションを持たないよう注意します。

今週のチャート

続いて、今週トレードしたチャートをチェックしていきましょう。

以下は「大豆」の日足チャートです。

今週のチャート(大豆の日足チャート)
大豆のエントリー理由
・移動平均線がゴールデンクロス
・MACDの上昇シグナル
・RSIで下降から上昇へ転換

様々な銘柄をチェックすると、力強い上昇相場を発見。

それは大豆です。注目する方は少ないかもしれません。

ただ、チャートを見ると結構長い上昇相場になっていますね。

途中からですが、この流れに乗ってみることにしました。

基本ルール・設定値幅

続いて、トレードのルール等を確認しておきます。

●基本ルール
・CFDの短期トレード
・トレード銘柄:各株価指数やコモディティを中心に個別米国株
・自己資金:300万円(※日経225開始時)
・投資手法:主にテクニカル分析で銘柄を選定
1回のトレードの使用証拠金は口座残高の5%~10%とする。

1回トレードをしたら数日~数か月ほどの幅で、「流れに乗る」ことを意識しています。

流れが終わった、又は急激に動いた場合は決済します。

エントリー後、流れが逆になった場合は早々に決済(損切り)します。

1つの銘柄にとらわれずに、幅広い視点を持っての銘柄選定をしていきます。

今週の口座状況

結局いくら儲かってるの?

それでは、最後に今週の口座状況を確認しておきましょう。

2020年12月19日(土)時点の状況
・自己資金:3,000,000円
・口座残高:1,414,621円
・評価損益:+10,687円
・時価評価総額:1,425,308円
・時価評価総額(先週比):-266,492円
・保有中のポジション:大豆のロング 15単位

 

FOMCの大規模な金融緩和継続の発表がされると、各相場で、特に金は大きく上昇しました。

その他、個別株としてはテスラが強いですね。

週明け12/21から、いよいよテスラがS&P500に追加されます。

もう上がりすぎというぐらい上がっているので、さらなる上昇となるのか。

情報出尽くしで一旦下落するのか。注目しています。

「相場が動く、流れを感じる。」
「流れに乗って、利益が生まれる。」

それではまた次回!

このトレードは、GMOクリック証券の口座で運用しています。

【43週目】CFDのトレード実績へ

【まとめ】CFD日経平均手動トラリピの実績へ戻る

スポンサーリンク
資産運用
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ごくらくブログ